市民風車の会 あきた

トップページ
市民風車の会とは
ニュースレター
会員募集
市民出資者募集
工事状況
イベント情報
モニュメント

 

平成15年7月19日 天候:くもりのち雨

この日、周辺の広場の整備も終わり3月1日から稼動を始めた天風丸の竣工式が行われました。
午前中行われた神事には多数の方にご出席いただき、天風丸の安全を祈願いたしました。

 

◆竣工式の後は完工した広場と天風丸のお披露目会を行いました。◆

小雨が降る中、男鹿市の男鹿和太鼓愛好会の皆さんによる勇ましい太鼓の音でスタートしました

秋田に初めて建設された「市民風車」に"天風丸(てんぷうまる)≠ニいう素敵な名前を付けてくれたお友達に感謝の気持ちを込めて北海道グリーンファンド・杉山理事長から記念品の天風丸のミニチュアを贈呈。

「天風丸」という名前以外にも選考に悩まされた良い名前がたくさんありました。そんな名前を考えてくれたお友達5名には北海道グリーンファンド・鈴木事務局長より「おしかったで賞」として図書券が送られました。

この天風丸は多くの賛同者によって建設されました。その賛同者の代表として天王町立天王南中学校の生徒会のみなさんにご挨拶頂きました。

天王南中学校は環境活動が活発に行われており、生徒会では環境活動の一環として「空き缶のリサイクル活動」をしています。生徒さん達が年間を通して地域の人と一緒に集めた空き缶をリサイクルし、その収益の一部を天風丸へ出資してくれました。

そして、会場にいた人の殆どがテープを持ち、タワー部の幕をせーの!で除幕しました。風車に刻まれた出資者の方々の名前が公開され、それぞれ自分の名前を探しながら秋田の市民風車づくりに参加したことを実感したことでしょう。

風車の下にはベンチも置かれちょっとした憩いの場になりました。風車に刻まれた自分のお名前をまだ見てない方!是非天王町まで見に来てくださいね!